• 会社概要
  • 製品一覧
  • 求人情報
  • ニュースリリース
  • English

沿革

1897年
田中松太郎が大阪府八尾村に於いて紙箱の製造販売開始。
1911年
田中誠三郎が、帝国製糸株式会社(後の富士紡績株式会社)に我が国初の紡織紙管の納入を開始。
1913年
英国コーツ社の海外工場に日本で初めて紙管を輸出。
1931年
我が国初の紙管の製法特許を取得。
1940年
合資会社田中紙管製造所(現:田中紙管(株))を設立。
1960年
八尾市老原に現在の本社工場を建設。
1966年
資本金を2,500万円とし、大阪営業所を開設。
1969年
松山工場を建設。
1970年
敦賀工場を建設。
1972年
電電公社データー通信システムを導入、紙管業界初のオンラインによる受注、販売システムを完成。
1973年
市島工場を建設。
1976年
資本金を7,000万円に増資。
1980年
関東紙管株式会社を設立、太田工場建設。
1997年
栃木県足利市に関東紙管株式会社足利工場を新設移転。
2003年
三重工場を建設。
2006年
大阪営業所を本社に統合。
インド EXCEL社と業務提携して資本参加。
ISO-14001:2004認証取得。
2007年
東京ビックサイト“新機能材料展”にグリーン紙管・クリーン紙管を出展。
2009年
東洋紙管工業(株)より事業譲渡を受け、東洋田中紙管(株)熊本工場・岩国工場発足。
2011年
三重県南牟婁郡に紀州加工所を開設。
東洋田中紙管(株)鹿児島製造所を設置。
創業100周年を迎える。
2014年
ABSコアの自社生産・販売を開始。
2016年
三重工場に防虫対策を施した第二工場建設。

上へ戻る